トップページ


2012年4月29日
ホームページをリニューアルしました。
記事のアップをスピーディにするため、既存のブログシステムを採用しました。


左の画像をクリックすると、2016年のお祭りの写真がご覧いただけます。

中央町会どっとこむは、2003年4月からスタートしました。
2012年3月までのホームページは上のタブをクリックしてください。

2014年2月23日日曜日

平成26年3月度町会報原稿

防災部長  宮村 秀幸

 この一年間、町会の皆様方には大変お世話になりました。おかげさまで一切の行事を無事故で終え、また、防災マニュアルも完成、配布させていただきました。マニュアルは、いざという時の為に熟読願います。防災メンバーの方々には積極的に訓練の中心的な役割を果たしていただき、また、美味しい豚汁を朝早くから準備していただくなど、たいへんにお疲れ様でした。ありがとうございました。

 今後も、継続的に防災訓練を行い、防災情報を発信・共有してまいりますので、よろしくお願いします。



平成26年春の火災予防運動(平成2631日(土)から37日(金)まで

  まだ寒い日が続くようです、この機会に今一度身の回りの安全点検を行いましょう!



電気ストーブ等の火災に注意しましょう!
 冬の季節は暖房器具による火災が多いです。近年、電気ストーブやカーボンヒータ、ハロゲンヒータ等の使用中に火災が多発していることから、東京消防庁では電気ストーブ等の取扱いについて注意を呼びかけています。
過去5年間(平成19~23年、以下同じ)の主な暖房器具別の火災発生状況をみると、電気ストーブ等から発生した火災は567件で、主な暖房器具の火災(786件)の7割以上(72.1%)を占めています。
※ 電気ストーブ等とは、電気ストーブ、カーボンヒータ、ハロゲンヒータ、温風機をいいます。


火災を防ぐためのポイント
 電気ストーブ等は、火を使っていないという安心感や、給油や換気の手間がかからないことから、使用者の注意不足による火災が多く発生しています。

1 電気ストーブ等の周りは、常に整理整頓を
2 寝る時、その場を離れる時はスイッチを切る習慣をつける
3 燃えやすい物の近くで電気ストーブ等を使用しない
4 使用しない時は電源プラグをコンセントから抜いておく
5 電源プラグや電源コードを点検する


電気ストーブ等から発生した火災の傾向(過去5年間)
(東京消防庁ホームページより引用)